漫画「ギルティ」22巻のネタバレ|寺嶋とカズの関係とは

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」は、まんが王国で月間総合ランキング1位を複数月に渡り獲得したほどの人気作品。

こちらでは大人気連載中の漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」分冊版22巻のネタバレを紹介していきますね。

ギルティはまんが王国で全巻無料で試し読みが出来ます。

\今すぐ無料で試し読み/

毎日最大50%還元

目次

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」22巻のネタバレと感想

睦月(寺嶋)からカズへの接触

瑠衣の罠に落ちた爽は、夫を奪われ、ついには職場の居場所まで奪われました。

爽は調べていくうちに、瑠衣が爽の元彼・秋山の妹だと知ります。

そして、高校生の頃に秋山の家で一度だけ見かけた瑠衣が、物陰から爽を冷たい目で睨んでいたことを思い出したのでした。

何年もの間、瑠衣は執拗な恨みを持ち続け、着々と爽を罠にはめる準備をしていたのです。

爽は別居中の夫・カズに会い、これまでの出来事をありのまま話しました。

話しを聞いたカズは、偽名を使い爽の職場に潜り込んだ瑠衣の共犯者・寺嶋の正体に気付きます。

寺嶋は本名を東 睦月、彼はカズに対して深い恨みをもっていました。

睦月は、カズが爽と出会う前に結婚して子供をもうけた女性・弥生の弟だったのです。

弥生との結婚は親から強いられた不本意なものだったので、妻子にも、睦月に対してもカズは関心を持たず冷たい態度でした。

爽を巻き込んだことにカズが頭を抱え謝ったそのとき、カズの電話が鳴ります。

ついに、復讐を果たすために睦月から連絡がきました。

睦月から呼び出されたカズを心配して止める爽でしたが、カズは事の顛末に責任を感じ、爽を制すると一人その場所へ向かってしまうのでした。

瑠衣への宣戦布告

カズが睦月に呼び出され出て行った後、爽は瑠衣の家へ向かいました。

そして、爽はドア越しの瑠衣へ真っ直ぐに自分の気持ちをぶつけるのでした。

秋山に、瑠衣のことは放っておいて欲しいと頼まれていましたが、もう黙っていることはできませんでした。

瑠衣が兄である秋山に特別な感情を抱いていることを感じていた爽は、こんなことを続けていても秋山の心は手に入らないと説得します。

睦月のことも、カズが前妻を苦しめたとしても、夫婦の問題は夫婦だけのもので睦月や瑠衣が立ち入れるものではないことを。

それでも部外者である瑠衣と睦月がカズを潰そうとするなら、「妻としてカズくんを守る」と、爽は瑠衣に宣言したのです。

一方、そんな爽を面白がる瑠衣は、カズと睦月の位置情報を爽に送ります。

それを見た爽は、カズの元へ駆け出すのでした。

睦月の恨み

歳が離れた睦月たち姉弟は仲が良く、両親が忙しくて寂しい思いをしていた幼い睦月にとって弥生は姉以上の存在だったのです。

弥生とカズの結婚が決まったとき、泣いて寂しがる睦月を抱きしめながら、弥生は、結婚する相手を「すごく好きな人」だと言うのでした。

やがて弥生とカズの間に男の子が生まれ、「駿」と名付けられたその子を睦月はとても可愛がっていました。

まだよちよち歩きの駿と弥生を置いてカズが出て行ったとき、失意の底に沈む弥生に、幼い睦月は「自分が弥生と駿を守る」と約束したのでした。

けれどそれから数年後、弥生はまだ小学生の駿を置いて自らの命を絶ってしまったのです。

お風呂場で手首を切り血を流す弥生を見つけたのは睦月と駿でした。

睦月は、カズを恨み、姉との約束を守れなかった自分を責め続けていたのです。

復讐

カズが睦月に呼び出された場所は弥生のお墓でした。

カズは墓石に刻まれた名前を見て、初めて弥生が亡くなっていたことを知ったのです。

呆然と立ち尽くすカズの後ろからナイフをかざした睦月は、弥生がカズのせいで自殺したことを告げました。

睦月はナイフをカズの喉元に当て、通話の録音をカズに聞かせます。

それは睦月と話すカズの息子・駿の会話でした。

今から敵討ちに行ってくると駿に告げた睦月に、駿は自分の父親のことなど無関心な様子で「僕は母さんに会いたい」と言うのでした。

カズは激しい動揺に動くこともできません。

母が亡くなって以来、睦月以外の誰とも口をきかなくなり施設に入った駿は、

「血もついていない手を毎日擦り切れるほど洗っている」のでした。

話しを聞き、膝から崩れ落ちたカズの目の前に、睦月は記事の原稿を広げます。

それは、身に覚えのない横領疑惑まで書かれたカズを社会的に潰すための記事でした。

睦月はカズに、ここで死ぬか好きなほうを選べとナイフを突きつけます。

そこに爽が駆けつけてきたのでした。

21巻を見る全巻ネタバレ一覧23巻を見る

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」22巻の感想

今回は涙なくしては読めませんでした。

弥生も睦月も駿も、辛いです・・・

これは、恨まれるのも当然だなと思ってしまいます。

駿は幼い頃のトラウマを一生抱えていかなければならない。

そして睦月は約束を果たせなかった自分を責めてずっと苦しんでいます。

救いがないです。

ところで、弥生は結婚する前からカズを知っていたみたいですよね。

気になるところです。

次回、睦月はカズに手を下してしまうのでしょうか?

駆けつけてきた爽はどうなってしまうのでしょうか?

怒涛の展開、見逃せませんね!

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の作品情報

著者・作者:丘上あい

掲載雑誌:BE・LOVE

おすすめ電子書籍サービス

毎日最大50%還元のまんが王国が一番おすすめ。

継続して漫画を買い続ける人には抜群にお得。

\先行配信作品/

毎日最大50%還元

コメント

コメントする

目次
閉じる