漫画「ギルティ」23巻のネタバレ|秋山(睦月)がカズを恨む理由とは

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」は、まんが王国で月間総合ランキング1位を複数月に渡り獲得したほどの人気作品。

こちらでは大人気連載中の漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」分冊版23巻のネタバレを紹介していきますね。

ギルティはまんが王国で全巻無料で試し読みが出来ます。

\今すぐ無料で試し読み/

毎日最大50%還元

目次

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」23巻のネタバレと感想

秋山(睦月)の復讐

爽は自分に恨みを持つ瑠衣によって夫婦関係を壊され、職場での居場所も奪われました。

瑠衣は、爽の高校生時代の彼氏・秋山の妹で、昔から秋山(睦月)の心に居続ける爽が許せないのです。

一方、瑠衣の共犯者・睦月は、爽の夫・カズに深い恨みをもっていました。

睦月は、カズが、爽と出会う前に結婚して子供をもうけた女性・弥生の弟だったのです。

カズにとって弥生との結婚は、嫌悪する親から強いられた不本意なものでした。

そのため妻にも息子の駿にも愛情を注いだことはなく、果てには妻子を捨てて一方的に離婚したのです。

そして、カズが家を出て数年後、弥生は駿を残して自殺してしまいました。

瑠衣と睦月はお互いの憎い相手を交換し、

瑠衣はカズに、睦月は爽に近づくことで、カズと爽を潰そうと企んだのです。

睦月から呼び出されたカズが一人向かった場所は弥生のお墓でした。

離婚後の元妻と子のことを何も知らなかったカズは、睦月の話しを聞いてあまりのショックに座り込んでしまいます。

ナイフをカズに突き付けた睦月は、死ぬか、中傷記事を出されて社会的に潰されるかどちらかを選ぶように迫ります。

そこにカズを心配して駆けつけてきた爽が、ここまでカズを憎む理由を睦月に尋ね、初めて弥生と駿の苦しみを知るのでした。

弥生の想いと駿の苦しみ

カズは弥生との結婚が、昔から大嫌いだったカズの父親が自らの出世のために手回しした、お見合い結婚だと思っていました。

けれど二人の結婚は、実は弥生が自分の父親に頼んで実現したものだったのです。

弥生はカズと同じ大学で、弥生は大学生の頃からカズに恋していました。

おとなしい性格の弥生は、カズに一度も話しかけられないまま就職しましたが忘れられず、偶然にもカズが弥生の父の会社に入社したことで、父にカズとのお見合いを頼んだのでした。

弥生のたった一つの夢は、好きな人と結婚して家庭を作ることだったのです。

カズが妻子を置いて家を出てしまってからは、弥生は実家と絶縁状態になり、狭いアパートで駿と二人でささやかながらも幸せに生活していました。

そんな二人を心配して頻繁に訪ねていた睦月は、何年かたった頃、弥生の様子がおかしいことに気付きます。

弥生はもしかしたらその頃、カズが再婚したことを知ったのかもしれませんが、元気のない姉を気遣う睦月に、弥生は理由を口にすることはなく、ただ「大丈夫だよ」と答え、とうとう自殺してしまったのでした。

残された駿は実家に引き取られますが、どこでも噂は広がり学校に行けず家に引きこもるようになってしまいました。

そして、弥生の父は睦月の反対を押し切って駿を施設に入れると決断したのです。

施設に向かうとき睦月に「僕生まれてこなきゃよかったね」と呟いた駿は、何度も自らの命を絶とうとするのでした。

睦月の葛藤

爽は、当たりまえにあった幸せな結婚生活の裏で苦しんでいた人たちがいたことを知り、胸が張り裂けそうな思いでした。

憎しみに駆られる睦月がナイフをカズへ振りかざしましたが、その瞬間、爽がカズを守るために割って入ったのです。

爽は髪の毛と顔をナイフでかすられて血が流れ、カズは睦月の腕を怒りのまま掴みました。

睦月は、悲しい死を遂げた弥生と不幸な人生を送る駿を思い、泣いていました。

その顔を見たカズは、睦月を掴んだ手を離し、自分の罪を認め、爽だけは傷つけないで欲しい、自分を殺してほしいと懇願したのです。

もう一生地獄から抜け出せないと言い、手をくだそうとする睦月に、爽は真っ直ぐにぶつかっていくのでした。

「つらい今日は日々遠ざかる」という爽が書いた記事を読んで編集の仕事を志した、と語った睦月の言葉は嘘ではない、と爽は思っていました。

それは弥生を失い、どうしようもない失意の底にいた当時、睦月が出会った記事だったのです。

爽を恨む瑠衣が、立ち直ろうとしていた睦月を陰謀に引き込んだこと、カズと自分がちゃんと向き合っていなかったせいで、弥生のことを知らずにいたことに爽は責任を感じていました。

何度も謝る爽に、睦月は次第に心を乱されていくのでした。

そして爽が「お姉さんを助けられなかった自分のことももう許してあげて」と言った瞬間、睦月は涙があふれます。

睦月は爽と同じ職場で働くうちに、爽を自分の姉と重ねていたのです。

動揺を抑えきれなくなった睦月は、そのまま立ち去ったのでした。

心からの別れ

その場へへたり込みながらも自分のことを心配する爽を、カズは泣きながら抱きしめました。

カズは今、心から爽を愛していたのです。

抱き合った二人は、幸せな夫婦だった頃よりも深く相手を思いやっていました。

カズは、自分が弥生や駿にしてきたことを初めて心から悔やみ、自分の罪と向き合うことを誓ったのでした。

そして、カズは爽に別れを告げたのです。

憔悴しきって家に辿り着いた爽でしたが、

寒空の中、家の前で、秋山が爽の帰りを待っていたのでした。

22巻を見る全巻ネタバレ一覧24巻を見る

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」23巻の感想

辛いですね。

もうホントどうしようもないです。

カズがもう少し弥生や駿のことを思いやれていたら・・・

でももうどうすることもできないですよね。

駿がこれからどうなってしまうのか気になります。

カズの顔なんて覚えていないだろうし、見たくもないでしょうしね。

でも無理だと思いながらも再生を願ってしまいます・・・

睦月は爽と姉を重ねていた、せつない・・・

本当の悪人にはなれない人ですよね、睦月は。

これ以上瑠衣が睦月を巻き込まなければいいと思いますが、どうなのでしょうか。

そしてこの山場に、またしても秋山が参上しましたね!

次回も見逃せませんね!

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の作品情報

著者・作者:丘上あい

掲載雑誌:BE・LOVE

おすすめ電子書籍サービス

毎日最大50%還元のまんが王国が一番おすすめ。

継続して漫画を買い続ける人には抜群にお得。

\先行配信作品/

毎日最大50%還元

コメント

コメントする

目次
閉じる