漫画「ギルティ」26巻のネタバレ|連れ去られた秋山の息子

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」は、まんが王国で月間総合ランキング1位を複数月に渡り獲得したほどの人気作品。

こちらでは大人気連載中の漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」分冊版26巻のネタバレを紹介していきますね。

ギルティはまんが王国で全巻無料で試し読みが出来ます。

\今すぐ無料で試し読み/

毎日最大50%還元

目次

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」26巻のネタバレと感想

秋山のために一人で背負う爽

爽は自分に恨みを持つ瑠衣によって夫婦関係を壊され、職場での居場所も奪われました。

昔から爽と秋山が互いに特別な存在であることが瑠衣は許せないのです。

瑠衣は爽の高校生時代の彼氏・秋山とは血縁関係のない妹で、子供の頃から秋山に恋心を抱いていました。

瑠衣は実の母親から虐待を受けて育ったことで、秋山に対して執拗に依存していたのです。

今も爽への憎しみが消えない瑠衣は、爽の母親まで狙っていました。

瑠衣は心を病んだ爽の母が入院する病院に勤務し、夜な夜な爽になりすましては自殺をそそのかすような言葉をかけていたのです。

爽の職場の後輩・結からの手紙で、母にまで瑠衣の魔の手が及んでいることを知った爽は、ツテを使って瑠衣を出し抜き、母を転院させたのでした。

爽は親友の若菜に結からの手紙を見せ、一連の出来事を話しました。

若菜は高校生の頃からの付き合いでしたが、爽が母親のことを話したのはこれが初めてでした。

瑠衣の執念に驚く若菜は、秋山にも瑠衣がしたことを話すべきだと主張しますが、爽は首を縦に振りません。

それは母親から辛い目に合わされてきた瑠衣に対する同情心だけではありませんでした。

昔から、傷付いた瑠衣を一人で守ってきた秋山の気持ちを考えて、爽は秋山には言わないことを決めたのでした。

爽の新しい職場

瑠衣と睦月が仕掛けた罠に落ち、休職を余儀なくされていた爽は、職場に復帰することになりました。

爽は長年ファッション誌の編集部で活躍していましたが、休職している間もトラブルの影響は消えず、週刊誌へ異動することになったのです。

新しい職場は男性が多くオフィスも汚くて、早速嫌味を言ってくる人もいます。

落ち込みそうになりますが、瑠衣のおかげでたくましさを身に付けた爽なのでした。

瑠衣の企み

瑠衣は、秋山に女として拒否された上に、爽にこれ以上手を出すなと釘を刺され、

その上、爽に出し抜かれたことでイライラをつのらせていました。

一方、爽の離婚した夫・カズに恨みをもっていた睦月は、瑠衣の共犯者でしたが、捏造記事でカズを社会的に抹殺したことで、自分はもう降りる、と瑠衣に宣言しました。

けれど瑠衣はそれを許しません。

やって欲しいことがある、と新たな企みを睦月にもちかける瑠衣なのでした。

瑠衣の反撃

若菜は、娘をキャラクターのイベントショーに連れて行き、そこで偶然妻子連れの秋山に会いました。

気を利かせた秋山の妻が、若菜の娘も自分の息子と一緒に見ているからと、秋山と若菜を二人にします。

爽が瑠衣に受けた仕打ちを親友として黙っていることができなかった若菜は、瑠衣がこれまでしてきたことを全て秋山に話したのでした。

秋山は、瑠衣が爽の夫を寝取って離婚に追い込んだことしか知らなかったので衝撃を受け、頭を抱えました。

秋山は狂気をはらんだ瑠衣に気付きながらも、自分しか味方のいない妹を憎むことができずに目を背けていたのです。

爽がそんな秋山の気持ちを考えて自分に言わなかったことを知り、秋山は心にしみ入るような思いでした。

子供たちをトイレに連れて行った秋山の妻は、息子の蛍太からちょっと目を離した隙に蛍太を見失ってしまいます。

それは、瑠衣の仕業でした。

瑠衣が、蛍太を誘拐してくるよう睦月に指示していたのでした。

25巻を見る全巻ネタバレ一覧27巻を見る

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」26巻の感想

やっぱりと言うか、瑠衣が新たな陰謀を企てました。

このまま黙っている瑠衣じゃないですもんね。

それにしても今度は秋山の息子・・・

瑠衣は蛍太を連れ去ってどうしようというのでしょうか?

最初はドロドロの愛憎劇だったものがここまできたらもはや犯罪です。

睦月は瑠衣から離れることができるのでしょうか?

そして、歯止めが効かなくなっている瑠衣を秋山は止めることができるのでしょうか?

怒涛の展開、見逃せませんね!

漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の作品情報

著者・作者:丘上あい

掲載雑誌:BE・LOVE

おすすめ電子書籍サービス

毎日最大50%還元のまんが王国が一番おすすめ。

継続して漫画を買い続ける人には抜群にお得。

\先行配信作品/

毎日最大50%還元

コメント

コメントする

目次
閉じる