【最新話】呪術廻戦142話のネタバレ|直哉vs脹相の戦いが決着するが…

こちらでは2021年3月15日(月曜発売)週刊少年ジャンプ15号の最新話「呪術廻戦」142話のネタバレを紹介していきます。

呪術廻戦の最新刊はU-NEXTで初回600Pを使うと無料で読めます。

\初回600Pを使うと無料/

アニメ「呪術廻戦」も見放題

目次

漫画「呪術廻戦」前話(141話)までのあらすじ

渋谷事変にて、東京中に呪霊の蔓延る緊急事態となってしまいました。人をたくさん殺したという罪の意識から、高専を離れた虎杖は、呪霊を減らすべく、脹相と共に呪霊狩りを行っています。

虎杖たちの前に現れた禪院直哉と乙骨憂太は協力関係となり、脹相は虎杖を逃がすために、スピードタイプの直哉の足止めを試みます。

しかし直哉の術式がわからず圧倒されてしまい、体外での血液操作がまるで機能しないという状況に、血液操作を体内で終わらせる「赫鱗躍動・載」を発動します。

一方虎杖は、逃げに徹しますが、圧倒的な呪力を誇る乙骨からなかなか逃げ切ることができず、さらにリカの登場により身動きを封じられた虎杖は、胸を刺されるという絶体絶命の状況になってしまいました。

虎杖と脹相のどちらもピンチに陥ってしまいましたが、ここからどうなるのでしょうか。142話を見ていきましょう!

漫画「呪術廻戦」142話のネタバレ

しぶとさの理由

直哉の何者?という問いに、10人兄弟の兄と答えた脹相ですが、直哉は加茂家の術式である赤血操術を扱える理由と、しぶとさについて聞いていたため、回答に納得がいきません。

そして直哉は文句を言いながら、術式による高速移動で距離を詰めて殴りかかります。しかし、「赫鱗躍動・載」を発動したことで脹相は直哉の動きを視覚で捉え、カウンターを繰り出します。

直哉は移動先で迫りくる平手を見て、脹相が「赫鱗躍動・載」を外眼筋に集中させることで動体視力を上げ、直哉のスピードに合わせてきたことを理解します。

しかし、直哉は、あらかじめカウンターを想定して動きを作っていたため、脹相のカウンターは空を切り、直哉のパンチが脹相の腹に決まり、脹相は再び壁へと飛ばされます。

さらに、脹相は体勢を整えると、右脇腹から出血していることに気が付きます。なんと直哉は腹にパンチを決めたと同時に、隠し持っていたドスで、脹相の右脇腹を刺していたのです!

赤血操術を扱う脹相にとって、止血の難易度はあまり高くありませんが、ただでさえ苦戦を強いられている状況で、止血に気を回さなければいけないというのは、大きなハンデになってしまいます。

直哉は赤血操術を警戒し、刺したドスに付着した脹相の血をふき取り、鞘に戻します。

脹相が直哉に用意がいいなと問いかけると、直哉は術師が得物を持ち歩くのはそれがないと勝てないということであるため、ダサいと考えており、内緒にしていてくれといいます。

そして直哉は、自分の兄たちも腰に刀を下げており、みっともなく、呪力のなく呪具頼りだった禪院甚爾によく文句を言えたものだと語ります。

直哉は兄弟を嫌っており、弟より出来の悪い兄など居る意味がなく、首をくくって死ねばいいと言い放ちます。

逆に兄弟への思いが人一倍強い脹相は、その兄弟たちのおかげで今のお前があるのかもしれないぞといいます。

直哉はその言葉を気持ち悪がりますが、脹相は出来の良し悪しに関わらず兄は弟の手本であり、兄が道を誤ったならその道を避け、正道ならば後をついていけばよく、お前が今強いのは兄が弱いおかげかもしれないと語ります。

そして、脹相のしぶとさの訳について、兄である自分には手本がないため何度も間違え、それでも弟の前を歩き続けなければならないから、自分は強いのだといいます。

その足元では流れ出た血が、大きな水たまりのように広がっていっています。

脹相はあえて止血せず、ドクドクと出血させ、それを活かす戦い方を選択したのです。

直哉は脹相のありえない出血量に、なぜ生きていられるのかと驚愕します。

九相図は呪霊と人間の混血であるため、呪力を血液へと変換できる特異体質であり、呪力が枯渇しない限り失血死することがありません。

脹相は大量の血を津波のように、直哉の方へと押し流します。直哉は警戒して後ろに下がります。

直哉は距離を取らされたうえ、大量の血で脹相を見失い、焦りを抱きます。すると、大量の血の中から攻撃が飛んできて、直哉はこれを軽々と躱します。そしてその攻撃の速度が遅かったことから、やはり出血で死にかけているのだろうと油断します。

その時、横のコンクリートの隙間からから脹相が姿を現し、「穿血」で直哉を攻撃します。

直哉はこれを直前で躱し、迫りくる血の波も被らないように警戒して、壁を踏み台にジャンプして逃げようとします。それを脹相は蹴りで壁に押し付けて防ぎます。

それにより直哉は足に血を浴び、袴に染みた血が脹相によって固定されることで、足が重くなります。

そして脹相は術式を発動する構えをとり、「後は分かるな、詰みだ」と直哉に敗北を悟らせます。

直哉はどうやろなと答えながら、自身の24fpsで作った動きを後追いするという術式ならば、この程度の足止めは問題なく動けると思考し、試してみろとけしかけ、動き出します。

しかし、直哉の予測に反して、脹相は「穿血」を撃ってきません。脹相が使用したのは150年自らの術式と向き合い続け、編み出した脹相のオリジナル技、「超新星」です。

つまり直哉は赤血操術を知っていたことが、逆にあだとなったのです。

乙骨、圧倒

放たれた血の塊が多方面へと弾けて、直哉へと襲い掛かり、脹相は悪いが兄弟を愛せなかったお前の気持ちはわからんといいます。

その時、脹相の背後に虎杖を片手に引きずった乙骨が現れます!

そして、脹相が気づいた瞬間に乙骨は左手で脹相の顔面を殴り飛ばし、吹っ飛ばされた脹相は倒れます。

歯を食いしばってその様子を見つめる直哉に、乙骨は何でもないような表情で、辛そうですねと話しかけます。

141話を見る全巻ネタバレ一覧143話を見る

漫画「呪術廻戦」142話の感想

兄弟についての考え方が両極端な2人のバトル、圧倒されていた脹相が形勢逆転していく様子はとても気持ちよかったですね!

脹相の「兄弟がいるからこそ今の自分がいる」という考え方や、「手本がない中、弟の前を歩き続けるから強い」という言葉に、かっこいいなと思いましたし、自分にも兄弟がいるのでいろいろと考えさせられました。

しかし、ラストシーンでは乙骨が現れ、一気に絶望的な状況に陥ってしまいました。相変わらず乙骨の顔が怖いです(笑)

141話にて宿儺が気づいたことは何だったのか、ここから乙骨はどんな行動を起こすのか、続きがとても楽しみです!

漫画「呪術廻戦」の作品情報

著者・作者:芥見下々(あくたみげげ)

掲載雑誌:週刊少年ジャンプ

おすすめ電子書籍サービス

呪術廻戦の最新刊を初回600ポイントを利用して無料で読めるU-NEXTがおすすめ。

無料期間でアニメ版「呪術廻戦」も楽しめますよ。

\初回600Pを使うと無料/

アニメ「呪術廻戦」も見放題

コメント

コメントする

目次
閉じる