【最新話】呪術廻戦143話のネタバレ|乙骨と直哉の契約

こちらでは2021年3月22日(月曜発売)週刊少年ジャンプ16号の最新話「呪術廻戦」143話のネタバレを紹介していきます。

呪術廻戦の最新刊はU-NEXTで初回600Pを使うと無料で読めます。

\初回600Pを使うと無料/

アニメ「呪術廻戦」も見放題

目次

漫画「呪術廻戦」前話までのあらすじ

東京中に呪霊の蔓延る緊急事態となり、人をたくさん殺したという罪の意識から、高専を離れた虎杖は、呪霊を減らすべく、脹相と共に呪霊狩りを行っています。

脹相と直哉の戦い、兄弟についての考え方が両極端な2人のバトルは、前半術式の種が割れていない直哉が優勢でしたが、赤血操術の中でも脹相のオリジナル技である「超新星」などを利用することで、形勢逆転に成功します。

そして脹相の勝ちが濃厚に思えたその時、脹相の背後に虎杖を捉えた乙骨が現れ、脹相を殴り飛ばしました。

虎杖と脹相は無事なのでしょうか。ここからどうなるのか、143話を見ていきましょう!

漫画「呪術廻戦」143話のネタバレ

乙骨と直哉の契約

脹相の「超新星」を喰らい、両手両膝を地面についたまま上手く立つことができない直哉に、到着した乙骨は辛そうですねと話しかけます。

直哉は、乙骨に見下ろされていることに腹を立て、睨みつけます。

その直後、直哉は揺れを感じて嘔吐します。

直哉は毒かと思考しますが、赤血操術に毒効果はないことや、血液量が以上であったことから、脹相が人間ではなく受肉体であるということに気が付きます。

人外の血が入ってくることを、肉体が拒絶したことで状態異常が生じたのです。

これに対し、反転術式で他人の治癒も可能である乙骨が、虎杖が死んだという報告をすることを条件に、直哉を治療することを持ちかけます。

父と母

仁と呼ばれ、返事をするのは赤ん坊を抱えて窓の近くに立つ男です。眼鏡をかけていて、軽い色の髪の仁は、自身を呼ぶ声を父さんと呼び、彼女の話をするなら帰るといいます。

父さんと呼ばれる声の主は、虎杖のおじいちゃんです。そして、仁にどう生きようが勝手としつつ、あの女だけはやめとけといい、仁の命の危険を示唆します。

しかし、仁は赤ん坊の記憶は案外覚えているため、悠仁の前で変な話はやめてくださいと、あまり本気で受け止めずに聞き流します。

その様子に苛立ったのか、虎杖のおじいちゃんは語気を強め、子どもを欲しがっていたが、香織との間に出来なかったことは知っているといい、続けて香織の死因について語ろうとします。

しかし、そのタイミングで黒髪ショートの女性が、虎杖のおじいちゃんの言葉を遮り、姿を現します。そしてその額には加茂憲倫や、偽夏油と同じ十字の傷が横並びにあります!

その女が何の話ですか?と言葉を発したシーンを最後に、虎杖は目を覚まし、体を起こします。するとそこには焚火を見つめる乙骨がいました。

死滅回游

目を覚ました虎杖は、胸を刺されたはずなのに平気であることを疑問に思います。

乙骨は、虎杖が問題なく目を覚ましたことによかったと安堵し、笑います。

虎杖はこの様子にさらに疑問を抱きます。

乙骨は9月頃に五条悟が会いに来て、虎杖のことを頼めれたため、やむを得ず芝居を打ったと説明します。

渋谷事変の前、嫌な予感を感じていた五条は、海外にいる乙骨の元にいき、自分に何かあった時、今の高専の1,2年のことを頼むと乙骨に言っていたのです。特に虎杖については、乙骨と同じく1度秘匿死刑が決まった身なので、注意を払ってくれと念押しをしていました。

その際、五条に限って何かあるという状況を想像できなかった乙骨は、女性関係ですかなどと冗談めいたことを聞いていました。また、乙骨と同じく「東京都立呪術高等専門学校」に登場したミゲルは、五条に会うことを拒否しています。

他の執行人を立てられることや、虎杖の情報を断たれることを避けたかった乙骨は、自らが執行人になることを判断しました。そして総監部に勘付かれないように、あえて虎杖を殺すという縛りをし、1度殺したのだと語ります。

ここまで話を聞いた虎杖は、当然今自分が生きていることを疑問に思います。乙骨はそのわけを、虎杖の心臓を止まると同時に反転術式で一気に治癒したと説明します。

乙骨は自身が正のエネルギーを、そのままアウトプットできることを知っている人間は少ないことと、以前虎杖が1度死を経験している話を聞いていたことから、この策が有効であると判断しました。

しかし、虎杖の死を偽装するのはこれが2度目であるため、状況が状況なのでとりあえずは死刑執行済みで処理されるでしょうが、すぐにバレてしまう可能性が高いです。

虎杖は、乙骨がそこまでしてくれる理由を伺います。これに乙骨は、自分が大切にしている人たちが、虎杖を大切にしているからだと答えます。

乙骨自身も1度身に余る大きな力を背負ったが、それは乙骨が招いた力でした。ただ、虎杖の場合は、虎杖の力ではないため、乙骨は虎杖を悪くないといいます。

しかし、虎杖は自分のせいか否かが重要なのではなく、自分が人を殺したという事実が問題だと感じています。

その時、虎杖と呼ぶ声がし、伏黒が姿を現しました。

伏黒は虎杖にさっさと高専に戻るぞといい、今高専の結界が緩んでいるため、直接顔を見られない限り戻っても問題がないと説明します。

虎杖はあたりまえのように虎杖を受け入れようとする伏黒をやめろと制止し、なかったことにするなといいます。

乙骨は自身との戦闘の中で、まだ死ぬわけにはいかないと言っていた虎杖ですが、戦闘中最後までボルテージが上がらなかったことからも、自分が存在してもいいのか迷っているのだろうと思考します。

虎杖は自分のせいで大勢死んだんだぞと言いますが、伏黒は俺たちのせいであり、お前独りで勝手にあきらめるなと言葉をかけます。

伏黒の性格を知っている虎杖は、内心でおまえはそういうさとつぶやきます。

伏黒は自分たちは呪術師であり、ヒーローではなく、自分たちを本当の意味で裁ける人間がいないから、存在意義を示し続けなければならず、自分のことを考えている暇はなく、ただひたすらに人を助けなければならないと語ります。

そしてそれは、虎杖の行動原理であったはずであると言います。

しかし虎杖はそれでは自分が隣にいる限り、伏黒が苦しみ続けることとなると思考します。

そこで伏黒は、まずは俺を助けろと言います。

この言葉に虎杖がハッとします。

続けて伏黒は、加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者たちの殺し合い、通称「死滅回游」に、姉の津美紀が巻き込まれており、虎杖の力が必要だと言います。

死滅回游のルールは全部で8つあります。

1つ目、プレイヤーは術式が覚醒して19日以内に、任意の結界にて死滅回游に参加することを宣誓しなければならない。

2つ目、19日以内に宣誓しなかった場合、術式が剥奪される。

3つ目、非プレイヤーは結界に入った時点でプレイヤーとなり、参加を宣誓したと見なす。

4つ目、プレイヤーは他のプレイヤーの命を絶つと、点を得られる。

5つ目、点は管理者によりプレイヤーの命に懸けられた価値を指し、原則として術師5点、非術師1点とされる。

6つ目、プレイヤーは自身にかけられた点を除いた100点を消費すると、管理者と交渉でき、死滅回游のルールを1つ追加できる。

7つ目、管理者は死滅回游の永続に大きく影響しない限り、プレイヤーが100点を消費して持ちかけたルールの追加を認めなければならない。

8つ目、参加または点を取得して19日以内に点の変動がない場合、そのプレイヤーは術式を剥奪される。

こうして、加茂憲倫により人々を巻き込む、死のゲームが始められてしまいました。

142話を見る全巻ネタバレ一覧144話を見る

漫画「呪術廻戦」143話の感想

まずは乙骨が虎杖の見方をしてくれていて安心しましたね!伏黒も変わりないようで安心しました。宿儺が反応を示したのは、伏黒ではなく、乙骨の反転術式だったようですね。

乙骨が味方で、伏黒が合流したとなると次に気になるのは、野薔薇は無事なのか、再登場があるのかですね。

また、虎杖の出生についても軽く知ることができました。母親の額の十字傷を回想した虎杖と、脹相が再開したときに、何か進展がありそうですね。

そして最後には死滅回游というものが唐突に始まりました。

はたして虎杖たちは津美紀やその他の人々を救うために、どのような動きを見せるのか。死滅回游は、どのような展開になるのか、続きがとても楽しみです!

漫画「呪術廻戦」の作品情報

著者・作者:芥見下々(あくたみげげ)

掲載雑誌:週刊少年ジャンプ

おすすめ電子書籍サービス

呪術廻戦の最新刊を初回600ポイントを利用して無料で読めるU-NEXTがおすすめ。

無料期間でアニメ版「呪術廻戦」も楽しめますよ。

\初回600Pを使うと無料/

アニメ「呪術廻戦」も見放題

コメント

コメントする

目次
閉じる