俺だけレベルアップな件54話のネタバレ感想|アイスエルフのボスとついに決着!

前回53話の内容をチェック

  • 残りの人間を引き渡せば、手出ししないという提案を断った。
  • アイスエルフとの戦いが始まる。
  • 今宮ハンターによって、メンバーは前線から退いた。
  • 影のレベルアップをしていたため、エルフ単体であれば倒せるが大将が強敵であった。
  • 上原ハンターが襲ってきたため、イグリットに倒させる。
目次

俺だけレベルアップな件54話のネタバレ

大将対主人公とアイアン

主人公を守るために、イグリットは上原ハンターを倒したあとに大将と戦っている。

その間に主人公は上原ハンターの影の抽出に成功する。

抽出の間、影は悲鳴をあげた。

そして、生きていた時よりも大きくなった上原ハンターの影に主人公は『アイアン』と名付ける。

その時にイグリットは大将によって倒される。

アイアンが挑発の雄叫びをあげ、大将は挑発状態になり、アイアンに注目した。

そのままアイアンとの戦いかと思いきや、主人公もその戦いに参戦する。

その戦いぶりに、今宮ハンターを始めとするメンバーたちは唖然とする。

そして、アイアンの攻撃を避けた先で主人公が大将に麻痺と出血をさせた。

しかし、急所を回避したのだった。

そして、大将の抵抗力が強く効果も取り消されたのだった。

主人公のことを粘り強い野郎だと評価したが主人公の言葉で周りを見ると、エルフの兵士はたった1人も残っていなかった。

しかし、主人公を殺せば兵士たちもいなくなると再度戦おうとしていた。

主人公が武器を投げ捨てるように上に勢いよく投げたが、そこに『支配の手』で剣を加速させた。

そして、大将はその武器が自分に降りかかってくる瞬間に武器で防御したがその瞬間に雄叫びをあげ、アイアンが大将を背後から両腕を拘束しながら持ち上げた。

そこに魔法兵の魔法攻撃を大将に仕掛ける。

そこには起こり狂った大将がいた。

大将が雄叫びをあげた隙に主人公は隠密で腹を刺したのだった。

それと同時に隠密を解除した。

主人公に攻撃しようと手を構えた瞬間に後ろからアイアンが大将を叩き潰す。

そこで決着がつき、アイスエルフは完全にいなくなった。

ダンジョンゲートが開かれる

主人公はメンバーに向かって『出よう』と声をかける。

メンバーが不思議に思っていると、それまで何もなかったはずの森にゲートが開き、生き残ったメンバーはうちに帰れることに喜んだ。

そして、主人公もメンバーと出ることになるが、その前にやることが残っていた。

俺だけレベルアップな件54話のネタバレ感想

さて、アイスエルフの大将を無事に倒し、ゲートの外に出られるようになった主人公たちですが、上原ハンターはアイアンという新しい影として主人公の軍隊に入りました。

しかし、変わらず過剰攻撃をしちゃう影になってしまいました。

これからのコントロールが必要になっていきますね。

人間だったから、影になったら、会話できるのかなと思っていましが、そうではなかったみたいですね。残念です。

俺だけレベルアップな件55話の考察

次回はダンジョンの外に出られる喜びを味わうのと、エルフの抽出をするのは確実ですね。

それと同時に右京がまだ残っていたら、少し大変なのかなと思います。

右京の直接対決となると、今の主人公にとってはかなり不利ですよね。

次回も楽しみです。

コメント

コメントする

目次
閉じる