俺だけレベルアップな件57話のネタバレ感想|悪魔の魂1万個を集める新ダンジョン!

前回56話の内容をチェック

  • 諸菱と約束した19回のレイドを達成する。
  • アメリカのダンジョンでは中に人間がいた。
  • 主人公は諸菱と飲んだあとに、次のクエストに進むことを決めていた。
  • 大川は架南島のS級ダンジョンのモンスターについての情報を手に入れる。
目次

俺だけレベルアップな件57話のネタバレ

城門の中は…。

マンションの中では妹に声を掛けられながらも友達と旅行に行くと伝えていた。

そして、オフィス街で鍵のダンジョンに入る主人公。

前に来た時はレベルが20だったが現在はその3倍のため、前回よりは楽にクリアするだろうと予測する。

周りが炎で燃え上がっている中、ダンジョンの扉が目の前にあった。

鍵を使用するとクエストが開始する。

廊下を進むと、フィールドタイプのダンジョンが広がっていた。

東京全体をダンジョンにしたものだった。

そして、悪魔の魂1万個集めることがクエストになっていた。

そこで遭遇した悪魔を倒すと、主人公の上に経験値が表示された。

一方諸菱の父と息子は…。

料亭では諸菱息子が父に諸菱ギルドを任せて欲しいとギルドマスター免許と主人公と回ったレイド記録を見せた。

諸菱が父にギルドマスターを外部に頼ることにリスクが多いことを説明しようとするが父によって止められる。

しかし、父は襖越しに声をかける。

そこにいたのは百虎ギルドでレッドゲートに参加したメンバーの松浦だった。

父はそのレッドゲート内で主人公とりんが参加し、そのお陰で帰還できたことを諸菱に伝える松浦ハンター。

しかし、ギルドの上の人間が主人公について口止めされ、困惑したことを伝える。

そして、父が主人公の実力に気づいていた。

父によって、タイミングが悪かったことやギルドマスター免許が取れたのが主人公のお陰だと確信されていた。

父が諸菱に言いたいことがあるか確認された時に、再度ギルドを任せて欲しいと伝える。

すると、任せることを伝えられる。

そして、主人公を連れてくるように言われ、頑張ることを父と約束した。

父は架南島のレイドなどで活躍した別のS級のハンターなどに接触していた。

父の中では諸菱が主人公を連れてくるのと、接触していたハンターを招き入れる自分のどちらが早いかの勝負をしていた。

主人公は…。

その頃主人公は多くの下級悪魔の残骸を足蹴にしていた。

集めた悪魔の魂は309個だった。

俺だけレベルアップな件57話のネタバレ感想

今回は完全に新しいダンジョンに突入です。

1万個の悪魔の魂を集めるのですが、下級や中級、上級の中で、複数の魂を持っている悪魔とはどこにいるのでしょうか。

また、諸菱の父と話す時は料亭なんですね。

しかも諸菱もお高いスーツを着て、父にギルドを任せてほしいと懇願するのですが、主人公の実力を知っているのが自分だけじゃなくなったことを父によって知らされました。

しかし、レッドゲートに参加した松浦ハンターは普通に外部に話す気満々で驚きました。

俺だけレベルアップな件58話の考察

次回は、主人公による悪魔の魂集めですね。

しかし、本当に諸菱の父が創るギルドは利益を追求してなのでしょうか。

トップ5大ギルドがあれば十分なのかなと思っていました。

いつかは、説明してくれるかな。諸菱父よ。

コメント

コメントする

目次
閉じる