俺だけレベルアップな件61話のネタバレ感想|悪魔の魂集めクエストをクリア!

前回60話の内容をチェック

  • 下層支配者を倒した主人公。
  • 『悪魔の君主の耳飾り』を入手し、その他のセット装備を探すことを決めた。
  • 『貪欲の玉』は譲渡可なことを確認したのだった。
  • 右京と主人公の父(ジュンイチロー)が対面し、主人公が死んだことを告げた。
  • 主人公の父と右京が衝突するかも!?
  • 骸骨のような悪魔と戦う影の軍団と主人公。
目次

俺だけレベルアップな件61話のネタバレ

悪魔の魂が1万個貯まる

『亡霊の引導者 メトゥス』を倒した。アイテム『こだまの森の湧き水』『経験値』『メトゥスのペンダントに封印された魂220個』レベルアップを手に入れたのだった。

悪魔の魂は汚染されたマナの為に抽出できないことが判明した。

そしてボスを倒したことにより『悪魔の君主の首飾り』を手に入れたのだった。

こうしてセットアイテムの3個中2個を手に入れたのだった。

二つがあることによって全能力値+5の効果が得られるのだった。

しかし、2つ揃った所で魂も10,001個集まってクエストが終わった。

クエストを達成し、報酬が3つ支給されたのだった。その中身は『全アイテムから1つ選択』『ボーナス能力値+20』『非公開報酬』だった。

『全アイテム』で主人公は前回選ばなかった『呪われたランダムボックス』を選んだ。

その中身は祝福のボックスと同様に鍵だったが、どこの鍵などの情報が一切なかった。

『ボーナス能力値+20』はすべて『知能』を振り分けた。

最後に『命の神水のレシピ』が手に入った。

右京とジュンイチローは衝突したのだった。

ある街では消防隊が鎮火作業にあたっていた。

誰かが二人曰くS級ハンター同士の戦いは辺りの地形が変わり、廃墟と化すと聞いたが、周辺が炎に包まれるだけで済んだのは一瞬だったことに起因していた。

そして、アメリカのハンター管理課副局長の目の前には壊れた瓦礫に背中を預け、ぐったりしている右京がいた。

 病院では。

ある部屋ではベッドに横たわって眠っている少し年齢の高い女性がいた。

その女性に主人公は『…母さん』と言いながらそこにあったキャスター付きの椅子に腰掛ける。

そして、先ほど手に入れた『命の神水のレシピ』は魔法の力で万病を治す神秘的な液体薬だと表示されていた。

そして、主人公は母親の為にその『命の神水』を作ることを決意した。

必要なアイテムもすでに2つ手に入れていたので残り1つだった。

俺だけレベルアップな件61話のネタバレ感想

前からお母さんがずっとベッドで寝ていましたが、やっと治す薬が手に入りそうですね。

やはり右京たちのことはニュースになってしまいましたね。

主人公が測定室に案内されたのですが、受付の課長代理が、妄想だと信じていて、見る目が…となりましたね。

最後にその課長代理が百虎ギルドの社長さんに電話連絡していました。

俺だけレベルアップな件62話の考察

次回ですが、とりあえず社長が来るのは必須ですね。

また、再測定ですがその場ですぐに表示されるのでしょうか。また、測定結果はS級なのは絶対ですね。

それ以上の上が規定されていないので…。

コメント

コメントする

目次
閉じる