俺だけレベルアップな件62話のネタバレ感想|ランク測定でS級に認定される!?

前回61話の内容をチェック

  • 右京とジュンイチローが戦い、右京が負ける。
  • クエスト達成し、『命の神水のレシピ』を手に入れる。
  • 悪魔の魂は抽出できなかった。
  • どこかの鍵を手に入れる。
  • 主人公は再測定を受けに日本のハンター協会に出向く。
  • 再測定を受けていることが百虎ギルドの白川に連絡が入る。
目次

俺だけレベルアップな件62話のネタバレ

ランク分けによって影響される人生

測定室の待合室に数人いる中で待っていたのだった。

そこで測定室の扉が開き、次の測定する人が呼ばれていたのだった。

そこで気さくに話かけてくる男性。

ランクによって人生が変わる人とそうでない人がいること。

D級が出てきたら待ち構えている小さいギルドの営業マンたちから入ることをその男性は勧めないという。

その理由は小さいギルドのために危険なレイドが多くハンターの死亡率が高いためであった。

その話を聞きながら黙っている主人公たちのもとに判定を終えたハンターが落胆しながら出てきたのだった。

そして、E級でなければ食べていけると言いながら測定に向かう先ほどのギルドを説明した男性だった。

主人公の横には爪を噛みながらも大型ギルドに入ることを切望し、最低でもC級であることを切望していた。

いくら鍛えていたり、技を磨いてもランクの差を埋めるのは難しい。

それは収入面でも言えることだった。

それを実感したのは馬渕と道門の戦いだった。

そこに先ほどの説明していた男性が測定を終えて魂が抜けかけている。

言葉から察するにE級であった為だった。

そして先ほど主人公のとなりで爪を噛んでいる太い男性が次に呼ばれていたが緊張のため、主人公に順番を譲った。

主人公のランクは測定不可!?

測定室に案内され、名前を告げると再査定であることを確認された後に黒い水晶に手を乗せて待つように職員が指示していた。

すると、何度もエラーをだした。

偶然そこに課長代理が来て、代理に測定器がおかしいとの報告から、画面を見ると測定不可であることを職員に案内し、同時に日本で10人目のS級であることを課長代理から職員に伝えるのだった。

ハンター協会の近くでは…。

犬飼と男性がタバコを吸いながら丁寧な口調で右京とレッドゲートについての関係を犬飼に問うが無関係であることを男性に対して断言していた。

俺だけレベルアップな件62話のネタバレ感想

今回はハンター協会に『ハンタース』の代表である最上真に測定室の騒ぎが聞こえるってとても聴力がいいのが分かりますね。

犬飼さんには分からないレベルだったので。

またギルドの営業マンは当たって砕ける覚悟で主人公をスカウトする人もいれば諦める人もいましたね。

そして、S級は精密測定器を使用しないと確定できないし、三日後に再度行かなきゃなんですね。

少し大変ですね。

俺だけレベルアップな件63話の考察

次回ですが『ハンタース』の最上さんに対して、主人公はどう動くのでしょうか。

また、三日後に再度S級に確定しますね。

その後にどうなっていくのでしょうか。

ギルドからのオファーたくさんですね。

コメント

コメントする

目次
閉じる