【最新話】東京卍リベンジャーズ199話のネタバレ|ビデオテープ

こちらでは2021年3月24日(水曜)に発売された週刊少年マガジン17号の最新話「東京卍リベンジャーズ」199話のネタバレを紹介していきます。

東京卍リベンジャーズの最新刊はU-NEXTの初回600Pを使って無料で読めます。

\初回600Pを使うと無料/

無料期間でアニメも見放題

目次

漫画「東京卍リベンジャーズ」前話までのあらすじ

2017年、26歳のフリーターとして底辺の生活を送っていた花垣武道は、中学時代の彼女である日向の死を避けるべく、何度もタイムリープを繰り返し、遂に日向が生きている現代にたどり着くことができました。

しかし恩人のマイキーが梵天という犯罪組織を動かしていることがわかります。日向が救えたことでタイムリープが出来なくなった武道は、現代でマイキーを探しますがなかなか手がかりを掴めません。

そんな中、タイムカプセルを開ける約束の日が訪れます。マイキーは姿を見せませんでしたが、それぞれが自分の入れたものから当時の心境を思い出して懐かしみます。

そして最後に残されたマイキーの手紙をみんなで読んでみることとなりました。マイキーの手紙にはどんなことが書かれているのか、199話を見ていきましょう!

漫画「東京卍リベンジャーズ」199話のネタバレ

マイキーの手紙

ドラケンが本人も来ないことだし、開けてみようといい、武道がマイキーの手紙を開けます。

12年前のあの日、未来の自分に向けて手紙を書こうと言い出したのは、マイキーでした。武道はなぜマイキーがそんなことを言い出したのか気になるうえ、もしかしたら今のマイキーの居場所に関するヒントがあるのではないかという期待も胸に、マイキーの手紙を読み上げ始めます。

12年後の自分が何をやっているか、想像もつかないという言葉から始まったマイキーの手紙は、未来の東卍メンバーについて予想しています。

三ツ谷はファッション系に進み、おしゃれな仕事場でかっこいい服を作っていそう、八戒は三ツ谷大好きだから近い仕事について、三ツ谷の仕事場に入りびたり、パーちんは必ず父親の不動産屋を継ぎ、ぺーやんはパーちんの補佐をしているだろうと言います。

パーちんは何でわかるのと驚きの声を上げます。

マイキーの予想はまだ続き、スマイリーはぶっ飛んでいるからやばいことしてそうだが、アングリーがいるから平気だろうといいます。これを聞いたスマイリーは俺だけ酷くねと言います。

そしてマイキーは、ドラケンについては誰よりも知っており、絶対バイク屋だといいます。千冬はバジを想って何かしているはずだと予想します。

最後に武道について、日向を幸せにしていなかったら殺すといい、東卍を畳んだのは武道一人のためではなく、みんなのためであり、東卍メンバーが大人になるために必要なものは東卍にはなく、みんなそれぞれ必要なものを探す旅をする必要があるといいます。

マイキー自身もその旅に出るため、もう会うことはないかもしれないが、どんなに離れていても繋がっているといいます。

その頃、1人夜空を眺めて黄昏るマイキーに、九井が今日は6月19日だがいいのかと話しかけ、マイキーはいいんだと答えます。

心は一つ

マイキーの手紙を聞き終えたメンバーは、離れてても繋がっているという関係が、大人になるということなのかもしれないといい、必要なものを探す旅の途中であることに気が付きます。

八戒は、マイキーが急にいなくなってもやもやしていたが、離れていてもどこかで自分たちを想ってくれていると感じられたため、今日ここに来てよかったといいます。

ドラケンはその言葉に同意し、想い続ければ繋がっているといいます。

解散していく東卍のメンバーの背中を見ながら、武道はバラバラになっても心が一つであるため、マイキーを無理に探すのは野暮だったかもしれないと感じます。

そして未来に向かって頑張ろうと誓います。

そこで、武道自身の手紙のことを忘れていたことに気が付き、みんなが自分のを聞かずに帰ったことに軽くショックを受けます。

しかし、開いてある内容はみんなが幸せでありますようにという一言だけで、忘れてくれとよかったかもと思い直します。

すると、手紙の他にビデオテープが入れてあることに気が付きます。しかし、武道はビデオテープを入れた記憶がありません。

後日、秋葉原のバイト先にビデオテープを持ってきた武道は、懐かしのブラウン管テレビを借り、ビデオを見てみることにしました。

何を取ったやつか思い当たらない武道は、エロビデオだったら恥ずかしいなと思いながら、ビデオを再生します。

最初に映ったのは、武道の見覚えのないリーゼントの青年です。青年は今から弟がハイキックで瓶のふたを取りますといいます。

この言葉に次に映った金髪の子どもは、ビビって動かすなよシンイチローと言い放ち、青年が誰が4歳のガキにビビるかよといいます。

そして子どもは蹴りを繰り出すと、瓶のふたが綺麗に外され、青年の一発!?と驚く声が入っています。武道はこの様子を見て、ビデオに映る子どもがマイキーであることを理解し、何で自分の手紙にこんなものが入っていたのかと驚きます。

シーンが変わり、キッチンで鼻歌を歌うエマの後姿が映されます。エマは振り向くと、なに撮ってるのと驚き、恥ずかしいからやめてと言います。

ビデオの正体が佐野家のホームビデオだということに驚いた武道は、なんでこんなものが入っていたのかと思考していると、再びシーンが変わります。

映し出されたのは、先ほどと同じ家の中ですが、これまでとは全く雰囲気が違い、暗い表情で1人うつむくマイキーの姿です。

マイキーは顔を上げると、12年後のタケミっちへと語り始めます。

198話を見る全巻ネタバレ一覧200話を見る

漫画「東京卍リベンジャーズ」199話の感想

マイキーの手紙の内容から現在地がわかるような情報は得られませんでしたが、やはりマイキーが東卍メンバーをとても大事に想っていたということが、再確認できましたね!

そして九井との会話でマイキーも約束の日を覚えていたこと、今でも東卍メンバーへの想いがあることを伺え、とてもうれしかったです!

手紙には大きな手掛かりはありませんでしたが、武道だけに向けたビデオレターが見つかりました。来週はその本音や重要な情報が明かされそうですね。

大人になるために必要なものを探す旅に出たマイキーが、梵天という犯罪組織を動かすことにどう繋がるのか、続きがとても楽しみです!

漫画「東京卍リベンジャーズ」の作品情報

著者・作者:和久井健(わくいけん)

掲載雑誌:週刊少年マガジン

おすすめ電子書籍サービス

東京卍リベンジャーズの最新刊を初回600ポイントを利用して無料で読めるU-NEXTがおすすめ。

無料期間でアニメも楽しめますよ。

\初回600Pを使うと無料/

無料期間でアニメも楽しめる

コメント

コメントする

目次
閉じる